ゲリラ豪雨による破損にも対応!実はとっても便利な火災保険

ゲリラ豪雨による破損にも対応!実はとっても便利な火災保険

 

近年『ゲリラ豪雨』という言葉を耳にする機会が増えましたよね。突然大量の雨が降り、服も靴もびしょびしょ……そして場合によっては大切なお家の屋根や壁を破損させることもあります。

 

実はゲリラ豪雨による被害にも、火災保険は適用可能です。

 

ゲリラ豪雨にも対応している火災保険

火災保険というと火災で自宅が被害を受けた場合のみ適用できると誤解している方もいますが、水災や風災といった自然災害にも対応しています。(※細かい条件は火災保険の契約内容によって異なりますので、事前に把握しておくことをおすすめします)

 

水災補償については、台風、暴風雨、ゲリラ豪雨、またそれらが原因になった洪水や土砂崩れなどで被害を受けた場合にも適用可能です。

 

ゲリラ豪雨は近年珍しくなくなっていますし、それで何かしらお家が破損した場合、完全に自費で修理しなくて良い可能性があるのです。

 

これを知らずに、ゲリラ豪雨による破損の修理を自費で依頼する方もいるようですが、もしも適用されるなら申請しないのはもったいないです!

 

ゲリラ豪雨きっかけの破損があるならまずは相談してみましょう

ゲリラ豪雨がきっかけでお家が破損したけど『火災保険が適用されるかわからない』というときにも、まずは火災保険の会社に問い合わせたり、プロにチェックしてもらったりするのがおすすめです。

 

ちなみに火災保険の申請期限は一般的には被害発生から3年です。

期限を過ぎると申請できませんが、むしろ『期限が長く設定されている』と感じた方も多いのではないでしょうか。

 

今年以前にゲリラ豪雨で被害を受けたという方も、もしかしたら火災保険が適用になるかもしれません。

 

火災保険の契約内容によっては、補償適用の基準が厳しかったり3年より短い期限だったりすることもあります。

現時点で火災保険の内容がよくわからないという方は、今後のために確認しておくと安心ですよ!

 

猪狩塗装では足立区、草加市を拠点として東京、埼玉、神奈川、千葉にて外壁、屋根塗装、防水を承っております。

是非一度お問い合わせください!

【代表直通】080-2065-4359
【営業時間】8:00~17:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】足立区・草加市を中心に東京・埼玉・千葉・神奈川全域


一覧ページに戻る