【いざという時に助かる!】火災保険で屋根を修理するなら押さえておきたいポイント!

風災で屋根が破損すると、基本的には火災保険が適用できます。

とはいえ『火災保険の申請には何が必要なのか』ご存知ない方は意外と多いのではないでしょうか。

 

今回は火災保険の申請で必要なものについて解説していきます!

 

屋根修理に火災保険を使うなら必要なもの

 

火災保険の申請には必要な書類があります。

 

・保険金の請求書

・事故内容についての報告書

・屋根の修理にかかる費用の見積書

・風災を証明するもの(写真)

 

自身で記載しなければいけない書類もありますが、屋根の修理にかかる費用の見積もりについては修理に対応している業者に作成してもらう必要があります。

 

すなわち、風災をきっかけに火災保険で屋根を修理しようとする場合、修理できる業者に見積もりを依頼することから始める必要があるのです。

 

火災保険の種類は確認しておくのがおすすめ

 

屋根の修理をしたいと思ったら、まずは業者に見積もりを依頼しましょう!

火災保険の申請方法がわからなくても、基本的に業者側に聞くことができるので、スムーズに対応を進めやすいというメリットもあります!

 

風災が発生したときに慌てないように、火災保険の適用範囲がわからないという方は、事前に確認しておくと安心です。

火災保険の種類によっては補償額が低いケースもあります。その場合、しっかり補償額が欲しいときは火災保険の見直しを検討するのも良いでしょう。

 

備えあれば憂いなし!事前の確認は大切です。

 

猪狩塗装では足立区、草加市を拠点として東京、埼玉、神奈川、千葉にて外壁、屋根塗装、防水を承っております。

屋根修理の見積もりをご希望の方は、是非一度お問い合わせください!

【代表直通】080-2065-4359
【営業時間】8:00~17:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】足立区・草加市を中心に東京・埼玉・千葉・神奈川全域


一覧ページに戻る