屋根が割れたら絶対に修理が必要?原因と費用について

雨風から生活を守ってくれる屋根が破損していると、とても不安になりますよね。

 

しかし長く住んでいると、屋根が破損することは珍しいことではありません。何が原因で破損し、修理する場合はどれくらい費用がかかるのかを解説していきます。

 

屋根の破損原因で多いのは経年劣化

屋根の破損原因で多いのは『経年劣化』です。雨風にさらされる屋根は時間が経過することで傷むのが自然です。

屋根に使用される素材によって経年劣化が早い遅いと差が出るので、一概に『経年劣化の目安』を判断することはできません。

 

一般的に屋根のメンテナンスの推奨周期は10年ごとと言われています。メンテナンス時期が近付いてきたら、地上から見える範囲だけでも屋根の状態を確認しておくと安心でしょう。

 

また、まだまだメンテナンス時期でなくても台風や暴風、大雪などの自然災害が屋根の破損原因になることもあります。

 

屋根の修理と費用について

 

 

破損した屋根の修理が必要かどうかの判断はプロに依頼してください。

自分で屋根に上ってチェックするのは非常に危険なので、絶対にしないようにしましょう。

 

一見ちょっとした破損にしか見えなくても、屋根だけでなくお家全体が経年劣化でメンテナンスが必要なケースもあります。

プロに調査してもらうことで、屋根だけではない問題点も発見できるので安心ですよ!

 

屋根の修理費用は、破損している部分のみの対応で済むと2万円~3万円くらいとなることが多いです。

屋根全体の修理が必要な場合は、数十万円~100万円近くなることもあります。

 

ちなみに台風や暴風などの風災が原因の場合は火災保険の適用条件となり、全額支払わなくてもよくなることがあります。猪狩塗装は見積もり無料、火災保険の適応可否についてのご相談も受け付けております。

 

猪狩塗装では足立区、草加市を拠点として東京、埼玉、神奈川、千葉にて外壁、屋根塗装、防水を承っております。

是非一度お問い合わせください!

【代表直通】080-2065-4359
【営業時間】8:00~17:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】足立区・草加市を中心に東京・埼玉・千葉・神奈川全域


一覧ページに戻る